台風21号。25年ぶりに「非常に強い」勢力で日本上陸

4日、日本列島は台風21号が縦断しました。25年ぶりの「非常に強い」勢力での上陸とのこと。私の住む岐阜県は昼の12時頃から16時頃にピークを迎え、各地に大きな被害をもたらしました。台風は徳島県に上陸し、非常に強い勢力のまま兵庫県神戸市に再上陸。近畿地方を中心に東海地方をすり抜けて北陸地方へと抜けていくルートをたどりました。岐阜など東海地方は台風の東側ということもあって、巻き込む風に影響されてものすごい暴風となりました。

f:id:silverkey7639:20180909124036j:plain

私の会社も午前中で帰宅命令がでて、昼からの営業は臨時休業となりました。私はというと15時からどうしてもいかなければならない仕事があったので、帰ることもできず台風が一番接近している中、車を走らせていました。ものすごく怖かった・・。台風の中車で外にいたことは今回が初めて。ハンドルを取られながらもゆっくり走りました。前を進むトラックは今にも倒れそうに煽られて、傾きながら走行していました。

今回の台風は風が非常に強く、看板が吹き飛ばされ、信号はゆがみ、道路は折れた木やゴミが散乱している状態となっていました。また停電も各地で起こっており、信号機がついていない交差点も多く、慎重に運転する場面が多くありました。

今回の台風21号、あとからニュースで振り返ると、大阪では最大瞬間風速58.1mを記録。関空は孤立し、フェリーが橋げたに衝突、道路を分断するなど各地で大きな被害をもたらしました。全国927の風観測地点のうち、近畿で33、北海道で22、東海で21、北陸で12の合計99観測地点で史上最大値の最大瞬間風速を記録したとのこと。

平成最後の年に最大の台風がやってきたということになります。1週間たった時点でこの台風による被害は死者9名、負傷者467名、家屋の全壊1棟、半壊3棟、一部損壊1068棟、床上浸水3棟、床下浸水20棟、などなど甚大な被害を各地にもたらしました。

1年に上陸する台風は3から5個と言われています。今年は台風の発生頻度も非常に多く感じます。この頃の自然災害はほんと多くなってきました。他人事ではなく常に非常用の準備、防災準備はしておくべきであると思います。

台風によりインフラも影響を受け、社会経済への影響もでてます。配達されるものが遅延したり、経済活動が止まったり。間接的に我々の生活に影響するものを考えるとその被害は何倍にもなります。1週間たって未だに停電しているのが3万戸となるなど、復旧にはまだまだ時間がかかりそうでう。

 

www.koupapalog.com