液晶パネルの種類 TN、VA、IPS液晶

液晶ディスプレイを選ぶ時には大きさ、解像度があると以前の記事でも書きました。実はもうひとつ指標があります。それがパネルの種類です。

液晶パネルの種類

大きく分けて次の3つがあります。

TN方式(Twisted Nematic Liquid Crystal)

VA方式(Virtical Alignment)

IPS方式(In Place Switching)

価格はIPS>VA>TNの順になります。

f:id:silverkey7639:20180714154324j:plain

パネルの違いによるメリットとデメリット

パネルの種類によってメリットとデメリットがあります。

TN方式

一番安価で買えます。ただし視野角が狭いです。横から見ると色合いが変化してしまって見えづらくなります。しかし応答速度が速いです。ゲームなど動画の速度を重視される方には向いています。

VA方式

視野角はTNよりは広く、色再現性もTNよりは優れています。しかし、応答速度が一番遅くなります。メリットとしてはTN方式に比べて大画面に向いており、かつ安価になります。黒の再現性が非透過方式で深みがあります。コントラストではIPSよりもはっきりとでます。

IPS方式

視野角が広く、どの角度から見ても色合いが変わらず見えます。家庭用テレビなどの液晶方式にも幅広く使われています。ただし応答速度が遅くなります。そして他のパネルに比べて高くなります。

それぞれメリットとデメリットがありますが、おすすめはIPS方式となります。

呼び方が違う種類

番外としてADS方式、AHVA方式、PLS方式と呼ばれるものがあります。しかしこれらはすべてIPSパネルと考えてよいです。IPS方式と同じ技術で製造されているパネルで、製造元によって呼び名が違うだけです。

 

www.koupapalog.com

www.koupapalog.com