液晶ディスプレイの解像度 4KとWQHDのどちらを購入すべきか

液晶ディスプレイを購入するひとつの指標として解像度があります。まずは大きさである何インチにするか、そして解像度をどれにするかです。

私の実体験からお勧めするのはズバリWQHDです。

解像度の違い

現在パソコンディスプレイとして一般的に売られているモニターの解像度は大きく3つあります。

・HD(1920×1080)

・WQHD(2560×1440)

・4K(3840×2160)

店頭で並んでいる液晶ディスプレイはほぼこれのどれかになります。ではどれを選べばいいのでしょう。私のおすすめはWQHDです。

HDとWQHDの違い

f:id:silverkey7639:20180714152004j:image

普及してきた4Kディスプレイは実は実用的ではない

時代の流れで液晶ディスプレイも高解像度化してきました。4Kテレビが当たり前になったように、パソコン用の液晶ディスプレイも4Kがさまざまなメーカーから発売されており、しかも価格が安くなってきています。昔に比べて安価で手軽に4Kディスプレイという選択肢があるのです。上記にもあるようにほかの液晶に比べて高密度・高解像度です。じゃあ4Kがいいのでは?

私の実体験からアドバイスをしておくと、パソコン用には向きません。私は40インチの4Kディスプレイをメインで使ってましたが、31.5インチのWQHDディスプレイに買い換えました。

理由は・・・

・文字が小さすぎて見えない。

・文字が小さいのでディスプレイに近づいて作業をする羽目に。そうすると40インチでは視界にすべて収まらない。首を上下左右に動かすことになり疲れる。

・先の2点の理由から広すぎる作業範囲があっても結局使わない。

この3点が理由です。高解像度になればなるほどドットは細かくなるので文字やアイコンはその分小さくなります。私の場合まだ40インチだったので使えなくはなかったのですが、27インチで4Kディスプレイとなると、もう細かすぎて文字が読めません。

そのかわり写真や動画をディスプレイから離れて見るのであれば、ものすごくきれいで4Kの恩恵を受けることができます。そう、TVならいいのです。パソコン操作を画面から2mや3mも離れてやりますか?

パソコン用は31.5インチが視野に収まる限界です。27インチ、23インチが一番適当かもしれません。HDよりも少しきれいな液晶がいい、それならWQHDがちょうどいいのです。

4KはHDの4倍。WQHDはHDの1.7倍。そう考えてください。

4Kモニターをスケーリングすると文字はぼやける

おそらく4Kディスプレイを使われている方の多くが、Windowsの「スケーリング」という機能を使われていると思います。

「スケーリング」とは簡単に言うとディスプレイ設定の中にある画面を拡大する機能のことです。4Kの100%では文字が小さくて見にくいため、125%または150%で使われている方も多くいると思います。

じゃあ、4Kディスプレイを購入してスケーリングして使えばいいのでは?

スケーリングは正直解像度の恩恵をうけられません。4KはHDの4倍です。(縦に2枚、横に2枚並べた感じ)であればスケーリングで200%にするとHDと同じ大きさということになります。200%以下の中途半端な150%や125%にすることもできますが、実は文字やアイコンはぼやけます。

なぜかというと、「ドットバイドット」表示ではないからです。

4Kを「ドットバイドット」表示にするには200%にする必要があります。この場合はきれいに映りますが、HDとかわらないのであれば意味がありません。

文字やアイコンをきれいに表示させるためには「ドットバイドット」表示が必要なのです。であれば、解像度を適当なものにするしかありません。なので、WQHD液晶がおすすめなのです。

ーまとめー

実体験からまとめると、

・4K液晶は写真や動画を離れて視聴するにはいいが、文字は細かくて読めない。最低でも40インチ以上が必要。

・40インチは視野に収まらず、使いづらく疲れる。

・ドットバイドット表示が一番きれい。

・HDで十分。お金に余裕があればワンランク上のWQHDが最適。

・作業環境を広げたいならデュアルディスプレイにすればいい。

こうなります。

私は結局、31.5インチのWQHDメイン+31.5インチのHDサブで落ち着きました。これが大画面で快適で一番おすすめです。

 

www.koupapalog.com

www.koupapalog.com