デュアルディスプレイは快適! 最適なサイズは?

パソコンのディスプレイを2枚置いて表示させることを、デュアルディスプレイといいます。3枚置くことをトリプルディスプレイ。私は40インチのメインディスプレイと31.5インチのサブディスプレイのデュアルディスプレイ環境を構築しています。

1枚より2枚のほうがものすごく便利で快適です。一度デュアルディスプレイの環境にしてしまうと、もう戻れなくなるほどです。

最近、40インチのメインディスプレイを31.5インチと交換して、31.5インチ×2枚の環境にしました。

f:id:silverkey7639:20180714125513j:plain

デュアルディスプレイのメリット

言わずとも、作業領域が広がります。例えばメインのディスプレイでブログを書いて、サブディスプレイでブラウザを立ち上げて置くという感じです。1枚だとブラウザで調べものをする場合は切り換えなくてはなりません。それが無く、見ながらブログを書くなんてことが可能になります。便利ですよね。ただし、置き場所が必要になります。2枚置くことになるので、それなりに場所をとります。そこがデメリット。

トリプルディスプレイは必要かどうか

人によると思いますが、正直必要ありません。少なくとも私は。FPSゲームを頻繁にやられる人にとってはいいかもしれません。ゲーム画面を3画面で表示すると迫力もあり、見渡せる領域もひろがります。ただゲームをやられない人にとってはあまりおすすめできません。場所だけをとってたぶん使う機会ってほとんどないでしょう。パネルが3枚になれば必然的に首を動かしながら見渡すことが必要になります。それって結構疲れるんですよね。3枚設置しても気づけば使っていないということになると思います。あまり首を動かさずにぱっと見渡せる範囲は2枚が限界なのです。

どのインチサイズで構築するのがいいか

私が失敗したのは40インチのメインディスプレイは大きすぎたということです。端的に言って、PCの画面として使用するには40インチは大きすぎます。TVなど離れた場所から動画を見るという使い方であれば大きく、4Kなど解像度が高いほど良いです。しかし作業をしたり視線をたえず動かすようなパソコンでの画面としては大きすぎて疲れます。端から端までが1視点に収まるのが最適なサイズなのです。そうなると31.5インチがぎりぎりです。デュアルディスプレイを構築されている方の多くは23インチか27インチが多いです。

ディスプレイアームを活用しよう

デュアルディスプレイ環境を構築する際にあるといいのがディスプレイアームです。ディスプレイを自由自在に手軽に位置を変えられて、必要に応じて前に出したり後ろにさげたり、上にあげたり下にさげたりできます。またディスプレイの台座が不要になるので、見た目もすっきり、スペースも有効活用できます。お値段はピンキリで可動する部分も製品によって違いますが、どうせ構築するならディスプレイアームも導入してみましょう。

f:id:silverkey7639:20180714125525j:plain

www.koupapalog.com

www.koupapalog.com

www.koupapalog.com