iOS12パブリックベータ版が公開 秋の新型iPhone搭載に向けて。機能と特徴のまとめ。

26日の早朝にiOS12のパブリックベータ版が公開されました。誰でもインストールして体験することができます。パブリックベータ版とは開発中に試用してもらうことで、問題点やバグなどを利用者からフィードバックしてもらい、正式公開に向けて改変していくというものです。なので、サポート外であると同時に、バグが起きても何も文句が言えません。逆にバグがでる可能性は高いということ。開発中ですから。

f:id:silverkey7639:20180626234140p:plain

注意しておきたいのは、基本的に一度インストールすると元のOSに戻すことができないということ。プロファイルが書き換えられてもとのプロファイルをインストールし直すのには技術がいります。基本的には元に戻せないと思ったほうがいいです。

今回のiOS12は今までのiOSのアップデートとは違って、大きく変わった点はあまり見受けられません。なので、そんなにバグはでないと個人的には思います。ただ、アプリのOSへの依存と影響はPCでもスマホでも同じで、大きく影響します。動かないアプリが多く出るかもしれません。メイン機での試用は避けたほうがいいと思います。

アップデートの方法

1.Safariから「Apple Bata Software Programu」へアクセス。

2.「登録」もしくは「サインイン」。

3.Apple ID確認コードを入力。

4.「お使いのiOSデバイスを登録」をタップ。

5.「プロファイルをダウンロード」をタップ。「許可」。

6.「インストール」→iPhoneのパスコードを入力。

7.再起動が促されるので、再起動。

8.再起動後、設定アプリから「一般」→「ソフトウェアアップデート」をタップ。

9.あとは指示に沿って進めればアップデート完了。

時間として30分くらいで完了します。

iOS12は秋に登場する新型iPhoneに搭載されます。それまでにVerUPを繰り返しながら製品化に向けて改変されていきます。

新しい機能

・パフォーマンスの向上。iOS11に比べてすべての速度が速くなるようです。

・一度に32人同時のFaceTime通話が可能。

・ミー文字。オリジナルのアニ文字が作成できます。

・新しいアニ文字。4つ(コアラ、トラ、ゴースト、ティラノサウルス)追加。

・カメラエフェクト。メッセージやFaceTimeでさらに個性的なやりとりが可能。

・ARKit2.よりリアルはAR機能。

・スクリーンタイム。デバイスの履歴が記録。起動時間や使ったアプリの時間など。

・通知機能の管理が可能に。

・おやすみモード。自動的に。

・写真共有機能。「For You」タブ。フォトライブラリのシェア。

・写真検索機能強化。

・Siriショートカット。Siriが他社製アプリと連動し最適な提案を。

・プライバシー強化。

・その他標準アプリの強化。

iPhoneは5sからが対応です。WWDCはデバイスの発表が全くなかったので、秋の新製品発表会に期待です。新しいiPhoneは毎年のように確実に発表されます。

 

www.koupapalog.com

www.koupapalog.com