音楽もハイレゾの時代。より高音質なハイレゾって何?

最近話題のハイレゾ音源。音楽機器もハイレゾ対応のものが増えてきました。同じ機器でもハイレゾ対応と非対応では価格が全然違ってきます。どちらを選べばいいか悩んだこともあるのでは?そもそもハイレゾって何?調べてみました。

f:id:silverkey7639:20180624202813j:plain

ハイレゾって何?

ハイレゾ=「ハイ・レゾリューション(High Resolution)」高解像度の略です。アナログとデジタルの違いは、かつてのカセットテープとCDの違いのように明らかです。音をひとつの連続データとして記録するアナログと細切れにして記録するデジタルの違いです。デジタルにすることで細切れにしたデータをどこ部分からでも読みだすことができます。また再現性があります。つまり音がより高音質になるのです。

ハイレゾはその「分割したデータがより細かくなったもの」と考えると理解しやすいです。CDの規格は「44.1kHz/16bit」と決められています。ハイレゾの規格は「96kHz/24bit」以上がハイレゾとして呼ばれます。画面の解像度を想像してみてください。4K画質とHD画質。4KはHDの4倍の密度(粒子)で構成されています。ひとつの画像(原音)を4倍の密度(倍以上の密度)で構成する。もちろん密度が高いほうが元の画像(音)に近づけるわけです。

f:id:silverkey7639:20180624202608g:plain

ハイレゾ音源の特徴

より高音質というのは間違いないですが、人間の耳が聞き取れる周波数は20kHzまでと言われています。じゃあ意味ないのでは?

しかしそうではなく、微小な変化を再現することができるので、余韻の消え際であったり、楽器の音色がよりリアルに感じ取ることができます。全体を通せばその段階の再現性がより明確になり、違った音として感じることができるのです。

ハイレゾを楽しむにはソフトとハードが必要

ハイレゾを聞くにはハイレゾ音源だけではダメです。それに対応した再生機器も必要となります。要はハイレゾの曲と再生する機器が必要なのです。もっと言えばイヤホンやヘッドホンもそうです。組み合わせがすべてハイレゾ対応であって初めて体感することができます。

ハイレゾ機器が標準に

今はまだハイレゾよりも通常の機器のほうが数は多いですが、これからの新製品はすべてハイレゾ対応になってくるでしょう。音楽配信サービスも通常とハイレゾ対応が両党になっていますが、いづれハイレゾが主流になってくるのは間違いありません。

同じようなこととして、テレビの4KとHD、LEDと有機ELの違い。DVDとブルーレイの違いなどと同じです。

機器も非対応の機器はこれから値崩れしてくると思われるので、安く手に入れるタイミングがくるかもしれません。