娘と撮りためた昔の写真を一緒に見た うれしそうな娘

娘が小学校の授業で使う持ち物で、自分の小さいころの写真を持ってくるようにと言われてきました。それを受けて今まで撮りためた写真を娘と一緒に見て、どれを持っていくか選ぶ作業をしました。

昔に比べて今、写真はデータとして残せるので、フィルム枚数を気にせずに気軽に写真を撮ることができるようになり、データとしてたくさん撮りためることができるようになりました。

f:id:silverkey7639:20180609015335j:plain

私のPCに保存されている写真フォルダには、2002年8月からの写真が保存されていました。どうやら妻と付き合いだした直後からのようです(笑)フォルダ数は今現在で294フォルダ。ファイル数は20,745ファイル、容量は46.9GBとなっています。・・・めちゃくちゃ撮りためてますね・・・。

2002年からフォルダはあって、2007年5月に娘が生まれた時のフォルダがあります。

娘と写真を選ぶ過程で、赤ちゃんのころの写真もみせてあげました。自分のことを「かわいいー」って言ってました(笑)自分なのに。

写真も選び終わって、私も娘もついつい時系列をさかのぼって、一緒にいろいろと写真を見ていました。今となっては懐かしいものです。もう10年以上前のころの写真ですし、それもそのはずです。

若いころのパパとママの写真には娘も興味深々で見ていました。ちょっと恥ずかしいですが、結婚式の様子の写真も見せてあげました。私たちの結婚式にはすでに娘は生まれていました(爆)つまりはそういうことです(笑)

ウェディングドレスのママに、タキシード姿のパパ。その間に0歳の自分が抱きかかえられて写っている写真には本人も恥ずかしそうでした(笑)

でもなぜかすごく嬉しそうでした。なぜ嬉しそうだったのかはわかりませんが。

自分が愛情いっぱいに育てられてきたことがわかって嬉しかったのでしょうか。でも実際そうなので、喜んでくれて私もうれしかったです。

パパとママの間に生まれてきてくれてありがとう。これからもずっと一緒。パパとママはあなたを全力で守っていくからね。

f:id:silverkey7639:20180609015358j:plain