TOKIO山口の事件とメンバーの緊急会見にみる考察

今日はTOKIO山口メンバーが引き起こした事件に対して、メンバーが開いた緊急会見のニュースでもちきりでした。

f:id:silverkey7639:20180503024110j:plain

いろいろな意見がネット上にも溢れていて、賛否両論あります。またいろいろな憶測も飛び交っています。ただアイドルが一番タブーとされる性的問題を引き起こしたという事実は変わらず、表沙汰になってしまった以上、もう後戻りはできません。

今日の緊急謝罪会見ではTOKIOのこれからが焦点になってましたが、山口達也はもう退所は避けられないでしょう。退職願を提出し退所も申し出たとのことで、一応保留となっているとのことですが、すでに公式HPからも名前は一切が削除されています。

一般的に見れば当たり前といえば当たり前でしょう。普通の会社であれば、とっくに懲戒免職です。個人的見解からしても、分別ある大人が犯した罪としては重く、責任をとるべきです。憶測に美人局?黒幕にはめられた?なんてところまで飛びぬけてしまってますが、真相はどうであれ実際に引き起こした事実は事実です。もう理由は言い訳にすぎません。厳しいようですがそれが大人社会です。

山口達也はこれを機に芸能界は引退せざるを得ないでしょう。芸能界に残ってもいばらの道しかありません。それならいっそ新しい道を探し進んだほうが、前向きだと思います。

メンバー4人はTOKIOの継続もいいかもしれませんが、この印象を消し去るにはかなり時間を要すと思います。それならいっそ、新しい名前でまたゼロからスタートしたほうが良い気もします。TOKIOは5人で作ってきた期間が長すぎます。

今日の会見、4人とも素晴らしい対応だったと思います。それぞれがしっかりと大人としての対応ができており、意見もちゃんとしたものでした。特に松岡昌宏さんが印象的でした。誰よりも正直に自分の意見をしっかりと述べていました。厳しさの中にも優しさと悲しみが見て取れました。

あと違和感を覚えたのは、会社はなぜ表に出て謝罪会見をしないのかということ。確かにメンバーも連帯責任というものはあるのでこうした会見も必要ですが、一般社会から見れば、社員が犯した不祥事は会社のトップが全責任を負います。社長が自ら謝罪をして責任を負うべきであり、メンバーはそのあとだと思います。

私的見解であれこれ考察して意見を述べるのはもうやめますが、私としてはメンバーには非がないので、TOKIOを4人で続けるのもありだと思いますし、しっかりと前を見て進んでいってほしいと思います。

 

www.koupapalog.com