SMAPの再結成の可能性はあると予測する!すべてシナリオどうり?ジャニーズへの復讐が始まる?

かつて国民的グループであったSMAPが2016年12月31日に解散しました。あれから1年半が経とうとしています。

f:id:silverkey7639:20180408011908j:plain

ジャニーズ事務所を退社した3人

ジャニーズ事務所を退社した、稲垣吾郎、香取慎吾、草彅剛の3人はかつてのSMAPの育ての親とも言われる、飯島三智が設立した株式会社CULENに合流。芸能活動を継続しています。

飯島氏はジャニーズ事務所との確執から追い出された形でフリーになっています。そんなジャニーズ事務所と敵対する飯島氏の元で芸能活動を再開した3人ですが、はじめはもちろんうまく行きませんでした。ジャニーズ事務所の圧力からか、すべての仕事は0になり、MEN OF THE YEAR 2017を受賞するも、民放各局から意図的に映してもらえないなど、しばらくはジャニーズからも民放各局からもスルーされます。当然、後ろ盾がなくなったタレントとは共演してもらえる芸能人も少なくなり、一時は露出も減ります。

「新しい地図」のネットへの進出と活躍

しかしさすが元SMAPというべきか、さすが飯島氏というべきか、どんどん露出が増えてきます。ジャニーズ事務所ではご法度だった、ネットやSNSをフルに活用し、新しい手法でのメディアの露出を増やしていきます。今はTVよりもネットの時代です。あくまでTVだけにこだわる古臭い考えのジャニーズに相反して、ジャニーズの圧力が及ばないネットからの再進出。うまいやり方です。

これが功を奏して、AmabaTVでの「72時間ホンネテレビ」は大成功。YouTube界にも進出し、TwitterやInstagram、ブログへも進出。TV業界も無視できない状況になってきています。徐々にTVでの露出もでてきて、CMタイアップを依頼する企業がでてきています。着実に地盤を固めて、TV業界への逆襲がはじまっているかのようにも見て取れます。

すべてシナリオどおり?再結成への計画

ここからが本題であくまで私個人の見解ですが、これらはすべて計算しつくされた計画であるように思うのです。そして最終的にはSMAPの再結成までもがシナリオ化されていると思うのです。あくまで推測であり、個人的な見解です。

そしてそれは残留している木村拓哉と中居正広までもが実は最終目標として目論んでいる計画だとしたら・・・。

木村拓哉はいち早く残留を決めました。そして木村拓哉の最近の仕事は俳優業に特化しています。5人の役割をそれぞれ分担するならば、木村拓哉が担当するのは俳優業です。俳優業はまだまだネット世界では難しいです。それなら「新しい地図」=CULENの地盤が安定するまではジャニーズにとどめておいたほうが得策でしょう。

中居正広はバラエティでMC業が担当です。こちらもネットではまだまだ遠回りとなってしまいます。それであればやはり地盤が安定するまではジャニーズで仕事をもらいながら、自分を高めたほうがメリットがあります。

残りの3人はバラエティも俳優もこなす中堅を担う存在です。まずは3人を犠牲にして地盤を固めるための力になってもらう。もちろん3人とも十分人気も知名度もあるので、3人が力を合わせれば大きな力になります。今メキメキと「新しい地図」が成長してきているように。

地盤が固まったところで、木村拓哉と中居正広がジャニーズ事務所を退所し、合流するのではないでしょうか。2人は今はそれを待っているのかもしれません。すべて飯島氏とSMAPの5人が計画したSMAP再結成のシナリオであったとしたら。そして今着実にそれに向かって計画が進行しているとしたら。

木村拓哉と香取慎吾の確執のようなものが原因であったとされていますが、果たしてそうなのでしょうか?もしかしたらすべてがシナリオ上に書かれていることなのかもしれません。

そして逆襲が始まる

おまけに、もしかしたら森且行も合流することまでシナリオに入っているかもしれません。証拠に「新しい地図」になってからというもの、積極的に3人と共演してきています。オートレーサーの選手としても成功していますが、スポーツ選手の寿命は短いです。歳ももうそれなりなりなので、体力の限界で引退が見えているのも事実だと思われます。だとしたら・・・。

もうひとつおまけに。もしかしたら中居正広は後輩のジャニーズメンバーを引き連れて合流するかもしれません。それほどの信頼と実力は持っていると思います。その役割もあってもしかしたら残留したのかもしれません。いわゆる引き抜き役です。

多くのジャニーズメンバーを引き連れて木村拓哉と中居正広が合流し、森且行と6人でSMAPを再結成する・・・。もちろんその時はもう地盤はできています。ネットの世界でのジャニーズ事務所のようにもなっており、TV業界でもジャニーズの圧力なく出演が可能な状態になっているかもしれません。

どうでしょうか。こうなるともうCULENは最強です。現ジャニーズ事務所をも上回る第二のジャニーズ事務所の出来上がりです。

「新しい地図」

ジャニーズ事務所は何かと制約もあり、タレント各個人の個性がなかなか活かされない状況であるとも聞かれます。またタレントへの締め付けも厳しく、不満をもっているタレントも少なくない。またTV業界関係者からもジャニーズ事務所のタレントの扱いにくさはあるでしょう。そういったものが無くなったCULEN=「新しい地図」はまさに最強なのです。

これで飯島氏とSMAP5人の復讐は完成するのです。・・・あくまで私の推測ですよ笑

なんかそんな気がしてならないのです。「新しい地図」=New (s)MAPとも読み取れます。真実は飯島氏と元SMAPメンバーだけの中にあると思いますが、そんなことを少し期待しながらも、これからの5人の活躍を応援していきたいと思うのです。

 

atarashiichizu.com