コカ・コーラの期間限定商品、コカ・コーラ・ピーチを買ってみた “もも”

コンビニにふらっとよって、レジ横に大量に並べられたコーラを発見。期間限定のピーチ味だそう。思わず買ってしまった。

どうやら1月22日からの期間限定発売ということらしい。

f:id:silverkey7639:20180212170237j:image

これからの時期にあわせたピーチフレーバー

今の時期ってももの時期?調べて見ると、桃の節句(ひなまつり)にあわせて、2月から3月がお菓子業界においては最も需要が高まる時期だそうです。

そうか、もうすぐ3月なんですね。我が家にはひな人形をかざるスペースがありません。今年も出してあげられそうにないです。・・・無性にマイホームがほしくなってくる。ごめんよ・・娘(妻)

さっそく飲んでみると、これがまたおいしい。

コーラ自体が好きなのもあるけれど、桃って日本人にとって好きな人が多いフルーツですよね。甘すぎず、高すぎず、手軽でデザートに最適。

もも自体も食べたくなってきてしまいます。普通のコーラにももの風味がプラスされたような味わい。

飲みやすいので子供にも大丈夫

普通のコーラって味がほんとにコーラなので、子供はあまり好きではない人が多いみたいです。うちの娘もコーラの味自体がそんなに得意ではないのですが、私が飲んでいて飲みたいと言ってきたので飲ませてあげると、おいしいと言います。

ももの風味がコーラ自体の風味を緩和しているような感じで、子供でも飲みやすいと思います。

現在発売されているコカ・コーラの種類

ちなみにカロリーは100mlあたり44kcalです。普通のコーラのカロリーは100mlあたり45kcalなのでほとんど一緒です。コカ・コーラ・ゼロはというと、100mlあたり0kcal。コカ・コーラ・ゼロってほんとカロリーが0なんですね。

今現在発売されているコカ・コーラは、6種類あります。

コカ・コーラ
コカ・コーラ・ゼロ

コカ・コーラ・ゼロ・カフェイン

コカ・コーラ・プラス

コカ・コーラ・コーヒープラス

コカ・コーラ・ピーチ

コーヒープラスは知らなかった。今度飲んでみたいと思います。

コカ・コーラの歴史

ちょうどいい機会なので、コカ・コーラの歴史を調べてみました。

簡単に。

1886年、アメリカのニューヨークで、薬剤師のジョン・S・ペンバートン博士が薬局で売り出したのがはじまり。博士の経理係のフランク・M・ロビンソンが「コカ・コーラ」と命名。そのロビンソンの筆跡が今のコーラのロゴになってます。

コーラが日本に上陸したのは、大正時代。日本でも販売されていたといいます。その後一旦姿を消し、終戦後の1945年ごろから国内にボトリング工場が建設され、日本国内で生産ができるようになったということです。

庶民に愛されるコカ・コーラ

炭酸飲料の代名詞ともなって、コーラを知らない人はいません。長く人に愛されてコーラは飲み続けられてます。

手軽においしく飲めるコーラ。子供から大人まで、これからも昔の味はそのままに、期間限定で新しいフレーバーのコーラが誕生するのが楽しみです。

 

www.koupapalog.com