会社で貸与されるタブレット。iPadは使いづらい iOSとAndroidとWindows

うちの会社では営業マンにiPadが貸与されています。
外出先で、仕事ができるように貸与されているのですが、はっきり言ってノートパソコンのほうが便利で使いやすいです。

f:id:silverkey7639:20180202015439j:plain

Windowsが主流のビジネスシーン

ビジネスシーンではまだまだWindowsが主流です。
Excelやワード、Windows対応ソフトを使う場面ではiOSは正式には対応しておらず、使うことができません。

タブレットは閲覧用としては便利かもしれませんが、入力作業となるとなかなか使いづらいのです。

外出先で使う場合はVPN接続によるリモートデスクトップで使用するしかありません。
外付けキーボードを使えばいいと思いますが、iOSで使うキーボードとWindowsで使うキーボードは、使い勝手がまた違います。

ノートパソコンに変えて欲しい

ノートパソコンはその点、WindowsOS搭載が多く、入力作業にも向きます。
外出先で文章を書いたり、EXCELを使用したり、見積もりを作成したりする場合はWindows搭載ノートパソコンがやはり一番です。

最近会社で働き方改革の一環として、会社への要望や改善点が募集されたのですが、私はノートパソコンの貸与を書きました。

果たして採用されるかどうか・・・。

外出先で仕事ができるほど、営業マンにとって効率のいいことはありません。
早く退社するためにも、少しでも日中の暇な時間を活用したいのです。

動画を閲覧したりインターネットをするための端末

タブレットは動画を閲覧したり、ネットを見るための道具としては最適です。
しかしそれは個人用途に限られます。
それであれば、今はスマホがあります。それで事足ります。

仕事は入力作業が多くなります。閲覧はスマホでいいのです。
タブレットは軽く、手軽で、起動も早いです。しかし、仕事をするツールとしてはまだまだノートパソコンにとって代われるまではいけません。

Surfaceがほしい

欲をいうのであれば、SurfaceのようなタブレットにもPCにもなる端末が欲しいです。
時代の流れでタブレットが主流なのはわかりますが、Surfaceのようなマウスも使えて、WindowsOSのものが欲しいと思ってます。

外出先で日報や見積もりを少しでも作成して、帰社後の社内作業を減らすことで、退社時間を早くする。働き方改革の一環にもなると思います。

 

www.koupapalog.comwww.koupapalog.com

www.koupapalog.com