学童保育はいつまで? 共働き夫婦の子育て

先日娘が、小学校から学童保育(放課後児童クラブ)の入所申し込み書をもらってきました。来年度の学童の申し込み書です。
しかし娘が学童に行きたくないと言い出して、出すのをどうするかを考えてみることにしました。

f:id:silverkey7639:20180121181614p:plain

学童保育の対象年齢

2015年までは利用対象は小学校4年生まででしたが、児童福祉法の改正によって今は小学校6年生までに引き上げられています。
「小4の壁」といわれる言葉を調べていて初めて知りました。
どうやら、最近までは小学校4年生からは学童に入れなかったようです。
私も正直知りませんでした。娘は4年生ですが、普通に1年間通わせてもらえました。

小4の壁とは

「小4の壁」というのは自治体が運営する学童施設の多くが、小学校4年生の受け入れをほとんどしないために、子供の放課後の居場所や預け先がなくなってしまうことと、それによって働くことを辞めなければならない親がでてくることを指すようです。

またそれだけではなく、小学校4年生からの学校の授業レベルがぐっと上がる境目でもあり、勉強が得意な人と苦手な人の差がでてくる重要な時期であることも指すようです。

また都会ではこの頃から中学受験の準備をしたり、習い事、塾、などに通い出す子供が増え、親が子育てに再度専念しなければならない時期が重なることも指します。

簡単に言うと、一歩大人になるために環境が大きく変わる、ひとつの境目の年齢であると言えます。

学童はいつまで通わせるべきか

学童にはいつまで通わせるべきでしょうか。
2015年まではほとんどの学童が小学校3年生までの受け入れだったと考えると、4年生、5年生〜は学童に通わせることは必ずしも必要とは言えません。
ただ、塾に通わせたり、習い事をさせたりして、なるべく子供だけで留守番をしなくてもいいように工夫をしていたことも背景にはあり、やはり預けられるのであれば預けたいと言う思いは変わらないと思います。

2015年からの法改正で、小学校6年生まで受け入れができる施設が増えてきたとはいうものの、実情は積極的に行なっているわけではないようです。
優先的に低学年を受け入れるために、高学年が入りきらないなど、まだまだ「小4の壁」があります。

学童に入りたくても入れない待機児童

学童に入りたくても入れない待機児童は、高学年だけでなく、低学年にも多くいるようです。2016年5月の段階で小1〜小3で9,957人、小4〜小6で7,246人、合計で17,203人いるそうです。またその数は年々増えてきています。

共働き世帯数が増加してきているのと、学童がない学区が全体の16.8パーセントもあるそうです。

入れる環境がまず恵まれている ーまとめー

そもそもこの記事を書こうとしたのは、来年度の学童の申し込み書がきて、娘が来年からはいきたくないと言い出したのがきっかけです。
いったいいつまで通わせればいいのか。そう思って調べてみるといろいろわかりました。

まず、入れる環境自体が恵まれてます。入りたくても入れない、そのために共働きを断念せざるを得ない。そうすると生活が苦しくなる。
そういった家庭も世の中には多くあるということです。

小学校の子供が、毎日日中ひとりでお留守番をさせるのはたしかに心配でもあり、できればだれかついているべきです。
しかし、多くの家庭がそれをしたくてもできずに、結果としてひとりでお留守番させざるを得ない家庭も多くあることを考えると、小学校5年生になるうちの娘なら、ひとりでお留守番をさせることも常識はずれということではないとわかりました。
むしろ、少しづつそういったことができるように慣れさせていくべきだと気付きました。

今回、我が家の決定としては、入れるありがたい環境があり、まだまだひとりでお留守番させるのは心配だとのことで、申し込みをすることに。

ただ、今回調べてみてわかったので、夏休みの長期休暇にはひとりでお留守番ができるくらいまでに、徐々に訓練して慣れさせていくべきだと思いました。

5年生のうちで、もし娘がまた「もう行きたくない」と言い出した時に、行かなくさせてもある程度安心できるように、また6年生になった時には行かせなくてもよくなるように、少しづつひとりでお留守番することの訓練をしてこうと思っています。

 

www.koupapalog.com