社会人から受験生へのアドバイス センター試験直前の受験生へ

2018年のセンター試験がいよいよ明日1月13日、14日の2日間に渡って実施されます。
今頃徹夜で勉強をしている受験生も多いのではないでしょうか。
センター試験は毎年1月に実施され、昔から実施されてきました。

大学入試センター試験

正式名称は「大学入学者選抜入試センター試験」です。
大学を志願する者の高等学校段階における基礎的な学習の達成度を判定することを目的として、各大学が独立行政法人「大学センター」と共同で実施する試験です。
各大学が入学試験の1次選考として実施するところが多く、実質の入試と同等に扱われるようになりました。

f:id:silverkey7639:20180113025308j:plain

入試前日

私もかつてはセンター試験を受け、大学へ進学しました。
入試前日まで徹夜に近い形で勉強をした覚えがあります。が、前日は早く寝ましょう!
そのほうが絶対に効果があがります。直前に勉強をして詰め込んでも、何もいいことはありません。よほど運が良ければ今日勉強したところが、明日の試験ででるかもしれませんが、その確率は低いです。
それよりも寝不足で試験を受けても、脳がうまく働きません。
いつもならすぐにでてくる単語も出てこなくなってしまいます。しっかり睡眠をとって脳を目覚めさせて、万全の体制で臨むことが一番なのです。

社会人から受験生へのアドバイス

失敗してもくよくよすることはありません。大学入試はセンター試験だけではないはずです。2次もあります。センター試験を除外している大学もあります。
希望はあると思いますが、最悪来年もあります。
人生長いのです。1年や2年の回り道くらいどうってことないです。

大学を出て、社会人となり20年を超えた私からすれば、大学なんて出ても出なくても人生どうってことないです。
学歴があると確かに優位であることは間違いないです。
しかし学歴だけではダメです。それよりも本人のやる気次第です。
高学歴であっても、社会適応能力がなければ、社会から脱落しますし、会社に入ってしまえば学歴などまったく関係ありません。

中卒、高卒の上司、社長などがこの世の中にはごろごろいます。
学歴だけでなく、運や実力などがトータル的に重なり合って、社会でのポジションは決まります。いつ脱落するかもわかりませんし、いつ登用されるかもわかりません。

社会にでてからの自分次第で、人生どうにでもなります。
ただそのスタートラインに立っただけです。
大学がすべてでもないです。専門学校へ行って手に職をつけたほうが、よっぽど成功するかもしれません。

気負いする必要はまったくないのです。
失敗しても何度でもチャンスはあります。まだ若いのです。
道は無限に広がってます。

f:id:silverkey7639:20180113025608j:plain

今必要なのは自分が将来どうなりたいかのビジョンを明確にして持つことです。
それに向かって努力をすることです。
夢やビジョンがないと、のらりくらりと大学へ進学して、あまり勉強もせず卒業して、なんとなく入れる会社に就職して、その会社がブラックですぐに転職して・・・気づいてみれば何も取り柄も実績もなく、再就職すらできなくなる・・・。
そんなことが普通に起こり得ます。

自分の夢や将来のビジョンをもう一度考えてみてください。
なければ、今からでも遅くないので思い描いてみてください。
その実現のために何が必要なのかを考えてみてください。

人生一度きりです。40超えてあの時こうしておけばよかったと後悔しても遅いのです。
私のように・・・。