役職と社歴と上司と部下の関係 年下部下、年上上司

年功序列が当たり前だった昔に比べて、最近は実力成果主義に変わってきた企業も多くあります。

f:id:silverkey7639:20180110015446p:plain

実力成果主義が生む懸念

私の会社も年功序列などはとっくの昔に崩れてしまって、実力成果主義になってます。

そうするとどういうことが起きるかと言えば、「歳下の上司」「社歴が浅い人が上司」「同期が上司」「上司に気に入られた者が上に上がっていく」「昨日まで部下だった人がある日突然上司になる」などがおきてきます。

実際私も、新人の頃に教えていた歳下の社員が今では上司にいますし、私が入社した時に社歴も歳もまったく上で相談に乗ってもらったりしていた人が部下にいます。

これって実際体験してみるとものすごくデリケートな問題なんです。
割り切れる人って正直あまりいないのではないでしょうか。

下になる者も上になる者もそれぞれの悩みがでてきます。
下になる者はやはり、いい気はしないだろうし、プライドもある意味やられます。

上になる者はとにかくやりにくいです。「言うことを聞かない」「反発する」「指示しずらい」「遠慮がお互いにでる」などが懸念されます。

敬語を使うかどうかと言う問題もシビアにでてきます。
ビジネスの上では部下は上司に敬語を使うものです。しかしなかなかプライドが邪魔をしてそううまくいきません。

最悪、結果としてうまく仕事が回らなかったり、成果が上がらなかったりします。

みなさんの会社ではどうでしょうか?

社歴を一番に重視する ポジションは役割

私の会社の場合、社歴を一番に重視します。
役職はあくまでも「役割」であって、偉い偉くないなどの指標ではないと認識します。

ポジションは役割であって、組織変更のたびに変わるものとして社歴を重視する傾向にあります。なので、たとえ組織上は部下であっても社歴が上であれば、敬語はそれに従って使ってます。

しかし、やはりそれでもポジションである上司部下の関係はまったく無視するわけにもいきません。歳上で社歴が長い部下は上司に対し、敬意を払う部分は見せなくてはなりません。

この実力成果主義ですが、実際に紐解いてみると、「気に入られた人が上にあがる」「たまたま運が良くて成果を上げられた人が上にあがる」なんていう、暗の部分も少なからずあります。一生懸命やっている人が、運のいい人に抜かされるなんてことも。

年功序列でも、「実力がない人」「マネジメントできない人」が上司になる。そんな懸念も逆にでてきます。

うまく付き合うためには ーまとめー

こうしてみると、どちらがいいとは言えないのです。
会社全体からみれば、業績をあげるために適材適所を行い、実力が有る者を登用するのが理想です。しかしそれはうまく回った時の話です。

組織がギクシャクしてうまく回らなければ業績も落ちますし、人も定着しません。
仕事に対するモチベーションも下がり、いい効果は生まれません。

こうした問題をうまく考慮しながら組織を作ることが必要となってきます。

うまく年下上司、年上部下と付き合うには、お互いに尊重すべきところは尊重して、ビジネスとそうでない部分を割り切って考えるという意識が必要なのかもしれません。

どこにでも存在する身近な問題、あなたの会社はいかがでしょうか。

 

www.koupapalog.com

www.koupapalog.com