家電量販店のポイントサービス 価格競争とサービス合戦

家電製品を買う時、決まった家電量販店はありますか?
2店舗ほど見て回って、価格が安いほうで買う方が多いかもしれません。
または決まった店舗があって、よっぽどのことがなければ、そこで買うという方も多いと思います。

f:id:silverkey7639:20171127002551p:plain

私はヤマダ電機とジョーシンのどちらかで買うことが多いです。
ヤマダ電機は高額な大きな家電製品の買い物の時に利用することが多いかな。
決め手は価格とポイント還元です。

ジョーシンはゲームソフトやサプライ品などを購入することが多いです。
土日によく行く、イオンモールに専門店として入っているからです。
それと、会員特典の何パーセントOFF券とか、何円以上お買い上げでブランケットプレゼントとか、そういった特典があるからです。

そのほかにもケーズデンキ、エディオンがありますが、ほとんど行きません。
ケーズデンキは近くにないのと、雰囲気がなんとなく好きではありません。

エディオンは・・・実は昔社員でした(笑)
今の会社は3社目の転職先なのですが、実は新卒で就職したのが、今のエディオンの前身である、エイデンです。
東海地方の方であれば、よく知っていると思います。
そこで大学を卒業して5年間社員として働きました。正式にいうと、今はないですがエイデンのパソコン部門のコンプマートというブランドの店舗で働いてました。
なので、知り合いが店舗にたくさんいて、逆に敬遠しがちです(笑)
あと、価格が高いのも知ってます(汗)
家電店の裏事情に関してはまたいつか記事にしたいと思います。

話は戻って、家電量販店は価格競争と顧客獲得競争の狭間で、いろいろなサービスがあります。

f:id:silverkey7639:20171127002615j:plain

ヤマダ電機は正直、価格が安くてポイント還元というしくみが素晴らしいです。
よくできてます。スマホでスロットを回すあれも良くできてます。
また、日用品も売っていたり、ポイントで全国の特産物が必ず当たったりと、顧客の購買心理をよくついたサービスが絶妙なのです。

ジョーシンはイオンモールに合体していることが多いので、その顧客を獲得する意味では成功していると思います。私も一番立ち寄るのはジョーシンです。
でも、イオンでの買い物ついでという感覚ですが。
なので、細かいものをよく買ってしまいます。

今日はヤマダ電機に行って、日用品をたくさん買ってきました。
というのも、先日洗濯機を購入して、そのポイントが11月で2000ポイント分失効してしまうからです。2000円分還元されて、日用品も買えるとなると、行かざるを得ません。そしてついで買い・・・わかっていても、ヤマダ電機の戦略にこうしてはまるのです。

家電量販店は裏では厳しい価格競争と顧客獲得競争を繰り広げてます。
生き残りも難しく、いつか淘汰される時のために、いろいろな戦略を打ち出してきています。昔、家電量販店の社員であった私からすれば、社員さんも厳しい状況に常におかれているのがわかります。

ただ、お客としては少しでも安く、お得にサービスを活用して、商品を購入したい。
これに限ります。それぞれのサービスや特徴があるので、時間がある時に調べてみるのもいいかもしれません。
賢く買い物をしましょう。

 

www.koupapalog.com