ワイヤレス充電器を買って使ってみたら意外と便利だった

iPhone 8以降、Qi規格の無接点充電=ワイヤレス充電にiPhoneが正式に対応しました。
調べて見たら充電器が意外と安価だったので、試しに買ってみました。

購入したのはこちら

Qi規格については以前投稿したこちらの記事をぜひ読んでみてください。

www.koupapalog.com

今回購入した商品は、Amazonでもベストセラー1位になっている商品で、価格も2,380円と意外と安いです。
スタンド型で机の上に置くにはコンパクトで邪魔にならないです。
パッド型の寝かせて充電するタイプと、この商品のようにスタンド型の大きく2つの種類がでてます。
どちらもUSBコードで電源に接続するのは必要ですが、iPhoneをちょこんと置くだけですぐに充電が始まります。
実際やってみると、ものすごく不思議です。

f:id:silverkey7639:20171121002529j:plain

Lightningケーブルを挿すのがものすごく面倒ってわけでもないですし、まだまだ有線よりも充電時間が長いというデメリットはあります。でも意外とケーブルを挿すという行為が面倒な作業であったことが実際使ってみるとよくわかります。

ほんのちょっとの違いなんですが、これがまた便利なんです。
一度使ってみるとたぶんやめられなくなるのではないでしょうか。
家に帰って来てiPhoneを置くだけ。それだけで充電されます。
意識しなくてもいいというのが便利で楽なのです。

おかげで使っていない時間はほぼ充電中という感じになり、バッテリーを切らすということがなくなりました。

私の場合、HumixxのTPUケースを付けているのですが、それでもちゃんと充電できています。手帳型やアルミ素材などのケースで試したわけではないので、充電できるケースに限りがあるのかもしれませんのでその点はご注意を。

充電時間は有線よりやはり時間はかかるようですが、充電しようと思って充電しなくても良い分、常に充電状態になり、特に気になりませんでした。

充電していない時は青色のLEDランプが点灯していて、iPhoneを置いて充電が始まると、LEDは緑色に変わります。これもおしゃれでなかなか良いです。

これからワイヤレス充電の機器は、このiPhoneが対応したのを機に、一気に広まるかもしれません。対応機器の方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

 

www.koupapalog.com