子供のアレルギーに対して気をつけること

私の娘は食物アレルギーを持っています。
私も嫁も特に目立ったアレルギーは持っていないのですが、なぜか娘はアレルギー持ちです。

どういったアレルギーかというと食物アレルギーで、ピーナッツなどの「ナッツ類」、キウイフルーツやパイナップルなの「酸味が強い果物類」に対して強い反応を示します。こういったものを食べると、口の周りや全身がかゆくなったり、発疹がでたりします。

アレルギーとは

アレルギーとは、私たちの体内に入ってきた異物を排除しようとする、「免疫」機能のことをいいます。「免疫機能」はウィルスやホコリなどが体内に入るとそれを体外に出そうと、咳やくしゃみが発生したり、体内にて処理しようとする力が働きます。
時として、この機能が過剰に反応をすることがあります。それを総じてアレルギーと呼んでいます。

アレルギーは遺伝する傾向があり、親がアレルギーを持っているとその子供もアレルギー症状を発症しやすいと言われています。

f:id:silverkey7639:20171117011045p:plain

アレルギーの種類

アレルギーの症状としては、食物アレルギーだけではありません。
アトピー性皮膚炎、気管支ぜんそく、鼻炎・結膜炎など、さまざまな症状として現れます。アレルギーの元となる「アレルゲン」もさまざまで、食べ物やホコリ、ペットなどの動物、急激な気候の変化、花粉などさまざまです。
まずは原因を特定し、できるだけその原因にさらされないようにすることが必要となります。

検査にて知る

自分がどのようなアレルギーを持っているかというのは、医療機関による血液検査によって知ることができます。私の娘も血液検査を実施して、どのアレルゲンにて反応を引き起こしやすいか診断してもらったことがあります。
数値化された診断書をもらうことができます。

f:id:silverkey7639:20171117011146p:plain

アナフィラキシーショック

アナフィラキシーは短時間で激しい症状があらわれ、命に関わる症状を発症することを言います。アレルギーはものすごく怖いのです。
間違った解釈で安易に考えていると、命を落としかねないのです。
小さなお子さんに対しては特に注意する必要があります。

学校などの対応

最近はアレルギーを持つ子供をサポートする新しい制度が始まりました。
「学校生活管理指導表(アレルギー疾患用)」です。
学校にて子供に配布され、医療機関によってその管理指導表に記載をしてもらい、学校へ提出します。
これによって、教職員全員にその情報は共有され、さまざまな場面で適切は対応をしてもらえるようになります。

例えば学校の給食。私の娘は毎月献立表を2枚配布され、アレルギーを引き起こす料理に丸をつけて1枚を学校に提出しています。それによって、給食の献立を一部特別に変更してもらうことができています。

アレルギーは大人になると変化する可能性も

体質は年齢とともに変化したりします。そうするとアレルギーが治ったり、また別のアレルギーを持ったりします。
子供に限ったことではなく、大人になって新たに発症することもあります。
アレルギーに対して世の中の理解が必要であるのと、それに対応するしくみづくりが求められています。

はたから見ると「全然たいしたことじゃない」「ちょっとくらいなら大丈夫」などといわれますが、本人や家族にとってしてみれば、命にかかわる重要な要素となることもあるのです。