直属の部下の退職、新たなスタートを祝福!

今日付をもって、私のチームメンバーの一人が退職しました。
私の直属の部下になります。以前にも記事にしたので、一度そちらも読んでいただければと思います。

思い切ることも時には大切

30を過ぎての転職、子供も3歳の男の子が一人、マイホームのローンもあり、お金がこれからいるという時期ですが、思い切っての転職です。
正直、思い切れることをうらやましくもあり、心配でもあります。

ただ、次の転職先の職場はもう決まっており、11月1日からそちらで働くということなので、その点は心配ないと思います。

中途で入社してきてくれて、即戦力として約1年間私の元でよくやってくれました。
重要なポジションに穴が空き、緊急で優秀な人材を探していたところにやってきてくれて、その役割を見事に果たしてきてくれたので、非常に残念でもあります。
しかし、人生は自分自信が決めるもの。決めた選択は後押しして応援してあげるべきです。

f:id:silverkey7639:20171014004228j:plain

最後は本音で語り合い

そして今日が最後の出社日となり、会社を出た後、私含め3人で飲みに焼肉屋に行きました。

一緒に飲みに行ったことはほとんどなく、今日が2回目で同じ会社の社員同士として飲みに行くのは最後となりました。
今日で最後ということもあり、いい意味で本音でいろいろと語り合うことができました。
3人とも家族持ちなので、家族のこと、仕事のこと、人生のこと、これからの不安などなど・・・共通する話もいっぱいできました。

感じたことはそれぞれが、違う幼少期を過ごし、違った環境で育ち、それぞれの悩み事や心配事もあり、一時期は同じ会社の社員として仕事をしたこと、そしてその一人がまた新しいスタートを切ること。
特に特別なことでもなんでもなく、長いそれぞれの人生のひとつの区切りであり、通過点でしか過ぎないんだということです。

長い人生の通過点

私自信もそうです。長い人生というマラソンを走り続けてます。これから先もいくつかの人生の分岐点があり、自分自信が選択して走って行かなければなりません。
家族を引き連れて歩んで行くのです。

42歳になり、私も折り返し地点を迎えようとしてます。
これからも良いこともあれば、悪いこともあると思いますが、すべてを受け止めて歩みづつけることが必要です。
そういった時、いろいろな人との出会いや関わりに助けられながら、着実な一歩を歩き続けて行くのです。

f:id:silverkey7639:20171014004304j:plain

仲間にエールを! ーまとめー

いろいろと抽象的なことを書いてしまいましたが、とにかく新しい分岐点を迎え、あらたな道でスタートを切る仲間にエールを送りたいと思っています。
来週からはそれぞれ違った道を歩むことになりますが、一緒に働いた仲間であった時間があったのは確かです。

また仕事以外で、いつかどこかでそれぞれの道について楽しく語りあえたらと思います。さみしい気持ちもありますが、すがすがしい気持ちでもあります。
ちゃんと最後は送り出してあげれたことが、私の今日の歩みでもあります。
・・・がんばれ!

f:id:silverkey7639:20171014004333p:plain

 

www.koupapalog.com

www.koupapalog.com