私の愛車遍歴 現在3台目の車 車は男のステータス? 車を欲しがらない最近の若者世代

最近の若者は車を欲しがらないと聞きます。
昔は車といえば男のステータスみたいなことを言われていました。時計もそうですね。
でも最近の若者はそういうものにお金を使わなくなっているそうです。

私が小学生の頃はスーパーカーブームでした。スーパーカーという言葉自体がもう古いですよね。

都会と田舎、生活における車の役割

私は高校生の頃は車がとにかくほしくてたまりませんでした。行動範囲も広がるし、大人の象徴のようなものだったからです。

大学生の頃は千葉の都会に住んでいたので、たしかに都会は車がなくてもなにも不自由なく過ごせます。逆に電車にのるほうが便利です。

東京などでは車だと渋滞にまきこまれるわ、駐車場はないわで逆に不便です。
駅はいたるところにあるし、電車もすぐきます。
車社会ではなく、電車社会なんですよね。

私の住んでいる岐阜はまだまだ移動には車がかかせません。近く愛知県の名古屋市内であれば電車のほうがやはり便利ですが、ちょっと郊外にいけばやはり車のほうが便利です。
車がなくても不便を感じないのは、ほんと都会の中心部に住む人たちだけの意見のような気がします。
ただ、最近の若者はそういった高価な車や時計にお金をかけたがらないのもわかります。若者の趣味、志向も時代とともに変わってるんですね。

私の愛車遍歴

私が現在乗っている車は3台目です。

1台目は社会人になった23歳の時に買いました。初めての車は「スプリンタートレノ」でした。若かったんですね・・走る車に興味があったので、2ドアのいわゆるスポーツクーペです。
あえてオートマ車ではなく、6速ミッション車を選定です。スポーツクーペならやっぱりミッション車だと。車高も低くて、走る感覚を味わいながら街中でも飛ばして運転をしていた記憶があります。若い頃はそういったものに憧れるものです。
なので当時は事故もたくさんしました。人身はなかったのでよかったですが、追突をよくしました。保険屋にもいっぱいお世話になって、そのころの名残か、今の等級は格段に低いです(汗)

f:id:silverkey7639:20170927003229j:plain

2台目は10万キロを突破したころに買い替えました。1台目の車は、5年くらい乗ったかな?
次に乗ったのは「ウイッシュ」です。このころからもう、うるさくて車高が低くて2人しか乗れないような車はいらないと思うようになったのと、ちょうどミニバンがはやりだした時代だったからです。

2台目の時に結婚もし、子供も生まれました。後部座席に小さな子供を乗せて走るには最適な車でした。この車は事故もほとんどすることもなく、乗り心地はすごくよかったです。案外燃費もいい車でした。結婚した時に乗っていた車なので思い出がたくさんあります。2台目も10万キロを突破したころに、大きな車にあこがれるようになります。

f:id:silverkey7639:20170927003252j:plain

そして3台目、今の車です。
3台目に買ったのは「アルファード」です。もうこの歳になると、走る車よりも大きな車が欲しくなります。私の時代の人はまだ車はステータスという感覚があるので、やはりいい車が欲しくなります。「ヴォクシー」「ノア」の中堅クラスのミニバンも考えたのですが、そうそう買い換えるものでもないので、思い切って高級車の「アルファード」を選定しました。

この選択が今の生活を圧迫してます(笑)
でもよかったです。今とても満足してます。最上位に乗ってしまったのでこれ以上欲しい車がなく、長く乗り続けようと思ってます。
ただ最近は車がでかすぎて、次は小さいものにしようと思い始めてます。
とにかくでかくて立体駐車場には入らないし、燃費は悪いし、子供も大きくなってきたので、次はセダンくらいでもいいです。

f:id:silverkey7639:20170927003317j:plain

次は夢のマイホーム、車はもういいです ーまとめー

人生で大きな買い物といえば、車とマイホームだと思います。
車はもう十分です。今はマイホームを夢見てがんばってます。

若い頃は、家なんていらねぇ・・なんて思っていたんですが、だんだん欲しくなるものも変わるもんです。
車より今は家です。子供も大きくなってきたし、歳も歳だし、家をもってスロー人生を歩みたいです(笑)
お金は大切です。いくらあっても足りません(笑)
ただ、目標があるのはいいことです。大きな夢ですが、いつか実現したいです。