子供のしつけと教育 今と昔

Yahoo!ニュースでこんな記事がトピックスにあがってました。
「宿題をやってない。酒瓶で子殴る、父親逮捕」うちもそうですが、夏休みの終わりのこの時期はどこも宿題をめぐって一波乱あるようですね。

 

子供に何度言っても宿題をやらない、結局宿題を終わらせていない、というのは珍しいことでもなく、どの家庭でも夏休みに限らず、学校のある日々でも少なからずあると思います。

 

うちも今朝は一波乱ありました。私と嫁と子供と3人で朝からバトルです。明日登校日で、宿題はすべて提出日です。なのに前日の今日になっても、習字、読書感想文、細かな日記などが終わってませんでした。私も嫁も働いているので、子供は学童なんですが、今日は学童の夏祭りの日ということでした。

 

学童に行けば宿題は完全にアウト、家に帰って来てもいつものように絶対に宿題をやらない。時間がない。それなら、学童を休んで、じいちゃんばあちゃんの家に預けてみっちり1日かけて宿題をやらせる。これでバトルです。

 

子供は学童に行きたがる、嫁はピリピリしてヒステリックぎみに叱るだけ。結局私がどうするかを決めてそれに従わせる感じになりました。
私の選んだ選択は、後者のじいちゃんばあちゃんの家に預けて1日かけて宿題をやらせるです。子供には申し訳ないが、夏祭りに行きたいのであれば、昨日までに終わらせておくべき。何度も早くやるように言っても結局きかなかった。
学童の夏祭りに行かせれば、夏休みの宿題は未提出が目に見えてます。
であれば、やはり涙を飲んで厳しく叱り、学童の夏祭りは我慢させるべきだと考えたからです。
昨日の記事でも書きましたが、やることはやらせるクセをつけることと、自分が最後は責任をとるということを今のうちから甘やかせずに教えるべきだからです。

f:id:silverkey7639:20170823003446j:plain

 

今日夜に仕事から帰って子供に聞いたら、しっかりと1日かけて終わらせてくれてました。夏祭りに行かせてあげられなくてかわいそうだったけど、選択は間違ってなかったと思います。子供もうれしそうに、「今日いっぱいやってちゃんと終わったよ!」って言ってました。これで明日の登校日は全部提出できます。

 

これで仮にやってなかったとしたら、明日必ずみんな提出しているのに、自分だけやってなくて提出できなかった、というような気持ちも味わうことになります。そういった先のことは子供にはまだ理解できないので、ちゃんと親が導いて指導してあげることが重要です。

 

ニュースになってた事例は気持ちはわからなくもないですが、自分が酔ってたということと、酒瓶で殴るというのはダメです。叱るなら叱る側もしっかりとしなければいけないし、酒瓶はもう凶器です。それはダメです。

 

私の子供の頃、というか時代は親に頻繁にグーで叩かれて叱られたものです。学校の先生からも、廊下に立たされたり、頭をパンと叩かれたりそういう教育が当たり前の時代でしたので。
時代の流れですかね・・・今はそういうことをするとすべて叱った側が悪くなってしまいます。そういうふうに育てられた子供が今のゆとり世代なんて呼ばれるようになってしまうのかもしれません。
打たれ弱く、我慢ができない。そんな社会人も増えつつあります。すべてが悪く、すべてがいいとは言えませんが、ある程度の厳しさは必要だと思います。

f:id:silverkey7639:20170823003556j:plain

 

そう言っても私も子供にはあまあまです(笑)グーで叩くなんてことは絶対にしませんし、ちゃんと口で叱り、どうしてなのかという理由も必ず話すようにしてます。
親も冷静に、あくまでも子供のためを思って、ただ叱るだけではなく、なぜ叱られているのかを理解させる。そういった叱り方が必要だと思います。
今と昔は違いますが、時には厳しく、時にはやさしく・・これも必要だと思います。

 

www.koupapalog.com

夏休み宿題めぐり…父親が長男を酒瓶で殴る (HBCニュース) - Yahoo!ニュース