大切な写真・動画データは必ず二重バックアップを データ消失のリスクを考える

スマホやデジカメで撮った写真データはみなさんもパソコンなどで取り込んで、ハードディスク内に保管したりしていると思います。
写真データだけではなく、EXCELやWORDの文章や、年賀状ソフトの住所録なんかも。写真や動画は容量も大きく、保管する媒体もすぐにいっぱいになってしまう可能性があります。みなさんはどんな媒体にどんな保管方法をされていますか?

 

私はIT機器販売の仕事をしているので、特にバックアップの大切さは身にしみてわかってます。必ず二重のバックアップをオススメします。ていうか、二重でやらないといつかデータ消失してしまうリスクが必ずあることをお伝えしておきます。

パソコン本体のハードディスクだけに保管している方

いますぐやめてください!一番消失の危険があります。
明日の朝、パソコンを立ち上げた時まともにパソコンが立ち上がらない可能性が十分にありますよ。パソコンはいつ壊れるかわかりません。壊れやすいです。
みなさんも一度はパソコンが不具合を起こして動かなくなったことありますよね。再起動かけて立ち上がらなくなることもパソコンは多々あります。
いつ壊れるかわからないのがパソコンです。
OA機器の耐用年数は一般的に3年〜5年です。3年ないしは5年償却なので、それで普通は壊れるものと思っておいてください。

f:id:silverkey7639:20170819172723p:plain

外付けハードディスクだけに保管している方

もう一歩です。
パソコンよりは故障の確率が減ります。外付けハードディスクはデータ保管に特化した商品ですので、データを記憶する使い方は間違っていません。
パソコンのようにいろいろなソフトを常に読み書きしたり、システムファイルが入っているなんてこともありません。
パソコンから独立して作動できるので他のパソコンにつないで読み書きできることもできます。ただ、この外付けハードディスクもいつ壊れるかわかりません。
ハードディスクはディクス円盤に針のようなもので非常に精密に読み書きを行う装置です。ちょっとした振動や衝撃ですぐに壊れます。(SSDやUSBストレージは別)

f:id:silverkey7639:20170819173637j:plain

もうひとつのハードディスクが必要です

なので、もうひとつの外付けハードディスクを用意してまるごと同じコピーをとっておく。これが重要なのです。
ものはいつか壊れます。その時にそなえ、もうひとつ別のデバイスに同じコピーをとっておく。これが必要です。こうしておけば、データを失ってしまうリスクはほぼ0に等しくなるでしょう。

f:id:silverkey7639:20170819173728j:plain

RAID構成を構築したNASなどによる保管

これはIT系の知識がある人でないと何のことかわからないと思います。
おわかりになる方は、データ保管にはこの方法を選ばれるでしょう。
この保管方法は、簡単に言えば、外付けハードディスク2つへの同期コピーを自動でやってくれると考えてください。
さらにはこのNASやHDDにさらにHDDをつなげて世代バックアップをとられることの重要性もご存知かと思います。世代バックアップまで取られている方、もうデータ消失リスクは0だと言ってもよいでしょう。(もちろん管理が必要ですが)

f:id:silverkey7639:20170819173855j:plain

まとめ

写真データや動画データは大切な家族の思い出です。
手軽にとれるようになった今、写真データや動画データはものすごい数になります。それをハードディスクへの保管はもう必然であり、必要です。しかし、ものはいつかはこわれます。一瞬にして数十年の思い出の写真や動画がなくなるのです。
そうならないためにも「バックアップ」の対策は必要不可欠です。しかし、必ず二重でやっていないとこれまた意味がありませんので。
手間はかかるかもしれませんが、こまめなバックアップをとられることを強くおすすめします。
私も一度、保管していた外付けハードディスクが突然故障して、データを一瞬ですべて失ったことがあります。そのデータはもう永遠に戻って来ません・・。
ご参考になれば幸いです。