部下のミス 中間管理職の苦悩

最近仕事で、部下のミスが多くクレーム処理に駆け回ることが多い。

きまって上司である私が叱られるのだが、限界がある。

そこまで部下の細かな部分まで見て、未然にクレームを防止できたのではないか。

と良く言われるのであるが、正直そこまでは難しい。

「部下のミスは上司の責任」それは日本の社会ではどの世界でも同じで、

わからなくもないが。

 

政治家の失態も最近多いが、よく「任命責任」を問われるが、それもよくよく

考えると理不尽でもあるとも思う。

失態を犯すことなど、予測できるわけでもなく、勝手にミスしたことを

責任転嫁されているようでならない。

 

もちろんミスなんて好んで誰もが犯すわけでもないし、それをいきなりなんでも

上司の責任にされるのも納得がいかない。

 

中間管理職である苦しい部分だ。

愚痴でした・・。