小林麻央さんにみる家族愛とは

先日、フリーアナウンサーの小林麻央さんが亡くなって、テレビはそのニュースで

いっぱいだった。さっきも追悼番組をやってた。

 

これだけ、多くの人の心を動かした人はそうはいないだろう。

それはやっぱり、家族愛があまりにも美しく、病気と闘いながらも最後まで貫いたその姿が多くの人の感動をよんだんだと思う。

 

普段の何気ない毎日がいかに幸せなことか、それを気づかせてくれた。

でも、またそんな気持ちはすぐに薄らいでいくんだろうなぁ。

 

海老蔵さんの会見も素晴らしかった。こんなに愛されたことはないと言ってたが、

それに気づくのって、やっぱり病気になってからなんだろうな。

やんちゃな海老蔵さんをこれまでに変えた麻央さんはすごい。

それはやはり愛なんだろうな。

 

私たちが知り得ない、つらい毎日があっただろう。

最後は家族みんなに囲まれて過ごせた毎日はきっと、幸せな毎日だったんじゃないかな。

 

「常に子供2人に愛を注ぎたいと思います」海老蔵さんのブログの言葉。

麻央さんが残した愛を引き継いで、麻央さんの分まで愛していくということだろう。

 

私も3人家族のパパをしているけど、「幸せ」であることを忘れずに、「愛」を

家族に注いでいけたらと。

 

あくまでも私の思うことで私見なので。